産業廃棄物業界の収集運搬向け配車ソフト/イーアイアイ

産業廃棄物業界における収集運搬業務は制約条件が多いことからとても複雑で、各社熟練の配車係が日々頭を悩ませながらアレンジして配車を行っています。

しかしいざ引継ぎを行うとなると、その作業の複雑さがゆえに、簡単に引き継ぎができずに数年要することもあります。

そこで今回は配車業務を効率化するための配車ソフトウエアをご紹介いたします。

目次

配車業務とはどのような仕事なのか

産業廃棄物業界における配車業務は、だれでもできるわけではなく、長年の経験やノウハウが必要となります。

こちらの記事にご紹介している通り、顧客ごとの道や現場状況などを把握する必要があるため、いきなり入った新人が教えてもらってすぐにできる仕事ではありません。

配車係はコミュニケーション能力と忍耐力が必要

ご紹介した通り、配車業務にはノウハウが必要となり、さらには営業部門や事務員、トラック運転手、工場作業員とのコミュニケーションが必要となり、かつスピードも求められるため、だれでも簡単にできる仕事ではありません。

しかも配車係が頭を悩ませながら作成した配車スケジュールに対して、トラック運転手の仕事の負荷のバランスが多少違うことで嫌味を言われたりと、嫌われ役を演じなければいけないこともあり、ベテラン社員または忍耐力がないとなかなか務まりません。

配車業務を効率化するためには

配車業務を効率化するためには、やはりシステム化するしかないでしょう。

システムが算出した配送計画であれば、配車係もトラック運転手から嫌味を言われることはありません。

特に最近ではAI技術が成熟してきており、アルゴリズム(人工知能)を用いた自動配車システムもありますので、試しに使用してみるのもいいですね。

自動配車システムの導入は環境DXにもつながる

昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が騒がれている通り、業務プロセスのデジタル化は産業廃棄物業界においても同様に求められています。

特に産業廃棄物業界は、人手不足の問題やリサイクルプロセスの最適化、収集運搬の効率化、リサイクル率の向上などが求められている中、自動配車システムを導入することで、自社のDX化の取組につながります。

DXというテーマは非常に広い範囲を示しますが、まずは目の前の問題を一つ一つデジタル化することにより、業務プロセスの改善(DX化)を進められるのではないでしょうか。

まとめ:産業廃棄物業界向け収集運搬配車ソフト

産業廃棄物業界における収集運搬の課題は、各社潜在的にあるものの、まだまだ解決に向けて取り組みを開始していない会社が多いです。

配車業務の改善するためには、配車ソフトの導入が必須ですので、まずは検討してみることから始めてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
Top
目次
閉じる