配車計画を管理する配車係の仕事内容とその難しさの改善方法は?

物流業における配車計画は必須の業務であり、配車係の役割が配送業務の効率化にとても大きな影響を与えます。

物の流れが一層盛んになっているこの時代に、配車係の仕事内容を把握し業務内容を改善することで、燃料費削減や取扱量の増加、人手不足の改善などにつながる可能性があります。

そこで本記事では、配車係がどのようなことを考えて配車業務を行っているか確認します。

目次

配車には長年の経験やノウハウが必要

トラックの配車業務は誰でもできるわけではなく、ある程度の経験が必要となります。

例えばこちらに挙げられるような経験がないと、実際にトラックの動きのイメージが掴めず、配車業務を行うことができません。

✓ 業界経験の長さと各ルートを回った経験

✓ 排出事業場様の廃棄物種類・数量の把握

✓ 排出事業者様の収集時間帯・渋滞時間帯・納品業者優先などにより発生する待機時間

長年に渡る知識や経験の土台が無いと出来ませんね。

配車担当の力量・決裁権限

いくら配車計画が出来ても、それを確実・的確に指揮命令しまとめ上げる力量・人望が必要です。

配車の申し送りをする際に、不満気なドライバーもいますので、担当ドライバーへの指揮・指導力や人柄やバランス感覚がとても重要となります。

アナログ的な配車はどうしても不公平感が出て業務の平準化が難しい

配車担当者の悩みは、公平に配車をしようと考えていても自身の感情が少なからず入ってしまいます。

✓ 合理的にルートを組みたいけど、高齢のベテランドライバーには負担が少ないコースを割り振らないとな

✓ 自分たちも若いころそうだったし、若いドライバーには少しきついコース回って貰うしかないな

✓ 年功序列の順番は仕方ないな

これまではこのような考えでも問題なかったかもしれませんが、今の時代、若い世代、そしてこれからの世代に対して、これまでのやり方では通用しなくなる可能性があります。

配車担当者頼りの配車計画の課題

昨今、物流業における課題としてこれらが考えられます。

✓ 高齢化、物販流通の発展でドライバーや社員が集まらない。

✓ 配車担当業務は大変なので、若い社員がやりたがらない。

✓ 今のやり方で後任の配車担当者育成に経験・育成に何年も時間が掛かってしまう。

このような課題はすでに潜在化していますので、いち早く具体的な手を早く打たないと大変なことになることが推測されます。

次世代の後任配車担当者の育成を行うためには

ベテラン配車担当の方はすでにお分かりかと思いますが、配車業務を効率的に行うためにはシステム化が必要です。

昨今ではAI技術が進んできておりますので、AIを用いた自動配車システム採用し、公平かつ合理的な配車を行い、業務改善を図ってみてはいかがでしょうか。

こちらのシステムで全てを解決できるものではありませんが、ひとつの切っ掛けとして一歩踏み出し、属人的に実施してきた配車業務の改善が図れます。

走行距離・燃料費・運転時間・保有車両の抑制が可能ですので、配車業務に課題を感じている企業は検討してみてもいいですね。

今ならお得な補助金も利用できますので、一度話だけでも聞いても損はありません。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
Top
目次
閉じる