AIアルゴリズムで配送ルート作成・最適化しアプリを使おう

物流業界において、人手不足の問題や業務改善等をお考えの企業が、配送ルートの最適化を検討する機会が増加しています。

物流業における配車業務は、トラックの燃料費や運転手の働き方にも影響しますので、とても責任の大きな業務です。

この機会にAIアルゴリズム搭載の配車システムを用いて配送ルートを最適化し、人手不足問題や業務改善、さらには燃料費削減、CO2削減に繋がるシステムを検討してみてはいかがでしょうか。

目次

配車における問題とは?

配車における問題はいくつかありますが、これらのような問題が挙げられます。

✔ 配車業務が職人技となっており、後継者の育成に時間がかかる

✔ 毎週、毎週、各車両ごとの配車ルートを組まなけらばならず作業量が膨大となる

✔ 配車担当以外に配車計画を作成できる人がいない(少ない)

✔ 配送先特有の制約条件があり、それらを考慮して配車しなければいけない

✔ 配送先の組み合わせが膨大なので、もっと効率よく配車したい

✔ 急な配車やキャンセルを考慮して再配車しなければならない

実際に配車業務を行っている担当者さんは、日々相当なご苦労されていることが伺えます。

配車を効率化するためには?

効率の良い配車計画を作成するためには、配車システムを導入するしかありません。

仮に現配車担当が後継者を育てたとしても、その育てた後継者がまた後の後継者を育てなければならず、この育成には長くて3年以上かかるとも言われています。

従って、人の頭の中で考えている配車計画をシステム化しなければ、いつまで経っても根本的な問題が解決できません。

AIアルゴリズム(人工知能)を利用した配車システム

では配車システムを導入するには、どのようなシステムがいいのでしょうか。

AI アルゴリズム搭載の配車システムが圧倒的におすすめです

AI 技術が成熟してきた昨今では、AI アルゴリズムを利用した配車システムを提供されています。

AIアルゴリズムは、人工知能を用い、これまで人が行っていた配送ルートの組み合わせを瞬時に計算し、最適な配送ルートを導いてくれます。

毎週、毎週、頭を悩ませながら作成していた配送ルートを、AIが1分から5分で作成してしまうのですから、業務改善、トラックの燃料費削減、CO2削減、人手不足の解消などに繋がり、とても大きな効果をもたらします。

現在、巷にある配車システムはクラウド型のシステムが多いですが、自社業務に100%マッチすることがないので、効率よく使いたいのであれば、多少のカスタマイズを行ってご利用いただくことをお勧めします。

カスタマイズ費用を抑えたい方はこちらをご参考ください。

配車アプリを使うことで更に配車を効率化

さらに効率のよい配車システムを利用したいのであれば、配車アプリと連動させるのもいいですね。

各運転手がお持ちのスマホに専用アプリをインストールし、AI アルゴリズムが搭載された配車システムから担当者が自動配車を行うことで、運転手のスマホに翌日などの配送ルートが届く仕組みです。

このようなアプリと連動させておくことで、作成された配送ルートをわざわざ運転手に通知する手間を省くことができます。

まずは配送ルートの最適化を行おう

昨今、物の流れが加速し、今後も益々その傾向は続きます。

その上で活躍が求められる物流業。

運送物は増加傾向にあるのに対し人手が不足が加速していく状況にて、テコ入れしなければいけない配車業務。

配送ルートの最適化は急務であることから、早急に配車システムの導入検討をおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
Top
目次
閉じる