配車表(配送計画)をエクセル管理からAI自動システム化

配車表を何で管理されていますか?

インターネットで検索してみると下記のような検索が多く、エクセル管理をされている会社が多いようです。

「配車表 エクセル」

✓「配車表 エクセル テンプレート」

✓「トラック 配車表 エクセル」

確かにエクセルは使い勝手がよく、操作も慣れていることから、ついつい利用したくなりますよね。

しかしエクセルは表計算ソフトであるため、配車管理という点では本来の仕様とは異なります。

これから配車表をエクセルで管理した際のメリット・デメリットを確認していきましょう。

目次

配車表をエクセルで管理するメリット・デメリットは?

エクセル管理のメリットは?

配車表をエクセルで管理するメリットは以下の内容が考えられます。

  • 編集が自由にできるので、自社の事情に応じた管理がしやすい
  • エクセルは操作が慣れているので使いやすい
  • 費用がかからない

確かに日常業務で昔から使用しているエクセルは使いやすく費用もかからないので、社内に導入するにしてもやりやすいですよね。

エクセル管理のデメリットは?

エクセル管理はメリットだけではなく当然デメリットも存在します。

  • 編集しやすい分、配車担当専用管理ツールとなっており引継ぎが難しい
  • 配車漏れや配車ミスが起こりやすい
  • アナログ管理からの脱却ができない(人手不足が解消できない)

配車業務は経験がものをいうことが多く、いわゆる属人化と呼ばれる業務になりがちです。

エクセル管理はその属人化からの脱却が難しく、いつまでもアナログ管理から抜け出せなくなってしまいます。

年々トラック運転手の確保が難しくなっており、より効率的に配送を行い少ない人数での集荷が求められる中、エクセル管理の配車をもっと効率化する必要性があります。

配車業務・配送業務を効率化するためには?

配車業務・配送業務を効率化するためには、やはりエクセルのアナログ管理からの脱却が必要で、そのためには配車計画の自動化(システム化)が効果的です。

その中で昨今注目を集めているのがAI機能を用いた自動配車システムです。

従来、人が考えてトラックの配送ルートを決めていたものを、AI(人工知能)が人の頭の代わりとなって効率よい配送ルートを決めてくれるものです。

自動配車システムでできること

自動配車システムを導入することで、さまざまなことがメリットとなります。

 配送時間の短縮(AIが効率良い配車計画を瞬時に計算)

 走行距離が短くなることにより、燃料費削減につながる

 新入社員でもベテランと同等の配車が可能(属人化の解消)

 CO2削減(脱炭素)につながる

これらを見てみても自動配車システムを導入することで、配車業務の大幅な効率化が見込めますので、将来の人手不足やコスト削減を考慮しても早めに検討することが重要です。

自動配車システムの効果の検証

自動配車システムを導入することで、どれくらいのメリットが出るのか気になる方も多いと思います。

いざ費用をかけても効果が出ないと意味がないですよね。

しかし自動配車システムの導入効果は、現在どのようなやり方で配車業務を行っているかによって、効果の度合いは大きく異なり、人手による配車でも対策をしっかり行っている会社様と、そうではない会社様とでは結果が全く異なります。

あくまで参考値になりますが、弊社製品である ADS (AI自動配車システム) をご提案する中で、これまでお客様の実績を考えると、少なくても5%の改善、大きい場合は30%改善した事例もあります。

もしトラック20台をお持ちの会社様で30%も配車計画が改善できると、少なくともトラック5台、運転手さん5人は不要になり、コスト改善、将来の人手不足を補うことができますね。

まとめ(配車表のエクセル管理からのAI自動システム化)

配車表(配送計画)のエクセル管理のメリット・デメリット、そしてAI自動システム化のメリットがご理解いただけましたでしょうか。

AI自動システム化することで、効率的な配車を組むことが出来、トラック台数の削減、人員コストの削減、または今まで受けきれなかった仕事が受けられるようになるかもしれません。

世の中の法規制や人手不足、需要増といった状況は変えることはできません。

この機会に会社の配車計画に関する業務を見直してみてはいかがでしょうか。

これらの関連記事もご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
Top
目次
閉じる