コピー機(複合機)のトナーを廃棄物として産廃処理する方法は?

産業廃棄物業者様の多くで、コピー機(複合機)のトナーカートリッジの処分ができないとお困りではないでしょうか。

元々、トナーの受け入れを行っていない廃棄物業者様でも他の受け入れた廃棄物の中にトナーが混入しており、処理委託先がないため何年も放置されている会社も多いのではないでしょうか。

今回はトナーの処理先に困っている廃棄物業者様向けに、トナーの処分方法に関する情報をご提供いたします。

目次

廃棄物業者に混入したトナーカートリッジの廃棄方法は?

トナーの処分方法はいくつかありますが、こちらに代表例をいくつかご紹介します。

トナーの製造メーカーへ処分を依頼する

トナーを製造しているキャノン、エプソン、ブラザー、リコーなどのメーカーは、メーカー自身で使用済みトナーの回収を行っています。

各会社、トナーの回収サービスについてホームページ等に案内がありますが、ここでは参考までにエプソンの取り組みについてリンクを貼っておきます

注意点:メーカー純正のトナーでなければいけません。

家電量販店のトナー回収ポストで処分する

近くの家電量販店でも無料でトナーの回収を行っています。家電量販店には、トナー専用の回収ボックスがありますので、その中にトナーを入れれば無料で回収いただけます。

しかし、廃棄物処理業者様のように大量にトナーの廃棄物がある場合は、引き取ってもらえない場合がありますので、家電量販店に事前にご相談ください。

また、トナーに破損がある場合もそのまま回収ボックスに入れるのは危険なので、家電量販店への持ち込みは控えましょう。

廃棄物処理業者へ処理を委託する

トナー廃棄物の受け入れを行っている廃棄物業者へ処理を委託しましょう。

有料にはなりますが、引き受けていただくことは可能です。

処理依頼する際は事前に、どのような荷姿で受け入れ可能か、さらには持ち込みなのか、引き取りに来てもらえるのか、その際のそれぞれの単価はいくらなのか、トナーの種類や状態によってはNG品もあるのかを確認していただくようにしましょう。

なぜ多くの廃棄物業者がトナーの処理に困っているのか

廃棄物処理業者様の多くで、トナーの処理に困っているのが現状です。

その理由としては、処理できる廃棄物業者が極端に少なく、出荷先が見当たらないということです。

トナーの一般的な処理は焼却処理されることが多く、焼却処理施設を保有する中間処理会社で処理いただけることがありますが、トナーは粉塵爆発を起こす危険性があり、取り扱いにくいことから積極的に受け入れを行っていないのが現状です。

トナーの処理業者(廃棄物業者)を探す方法

トナーの処理業者については、お付き合いのある廃棄物業者に聞けば紹介いただける可能性もありますが、同業者の場合、商圏の関係からご紹介いただけない可能性もあります

また、トナーの処理については、上記に記載したとおり、積極的に集めている業者は少なく、既存でお付き合いのある業者からの受け入れのみしか対応しておらず、新規取引は行っていないとお断りされてしまうケースもあります。

いずれにせよ、処理困難物として該当するトナーの処理受け入れ先が少ないのが現状ですが、関東近郊であれば処理できる会社がいくつか知っておりますので、ご紹介希望の方は当社までご連絡ください

お問い合わせはこちらから。

まとめ:トナーを産廃処理する方法

いかがでしたでしょうか。

トナーの廃棄物処理については処理委託先が少なく、多くの廃棄物処理業者でお困りの実情がご理解いただけたかと思います。

基本的には、純正のトナーはメーカー由来の処理ルートで処分する方法が適していますが、破損があったり、非純正品などは、廃棄物処理できる処理業者を探すしかありませんので、ご自身のお住まいのエリアで処理ルートを開拓するしかないですね

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次